チーズケーキは、ベイクドチーズケーキ、スフレチーズケーキ、レアチーズケーキと大きく分けて3種類に分類されます。

チーズケーキ専門店

ベイクドチーズケーキ

ただ単にチーズケーキと言えば、オーブンできつね色まで焼いた、このケーキをさします。
また、ニューヨークチーズケーキともいいます。
塩分の少ないチーズと卵黄、砂糖、小麦粉やコーンスターチなどをすり混ぜた生地を型に流し込み、オーブンできつね色に焼いたものです。焼きたてはフワフワした食感が楽しめます。時間を置けば、味がなじみ、しっとりとした深みのある味になります。
日本では1990年頃までは、土台を使わない物が主流でしたが、最近はパイ皿にサブレ生地を敷いたり、砕いたクラッカーの上に生地を流し込んで、焼いたものが増えています。

スフレチーズケーキ

ベイクドチーズケーキの材料の生クリームを牛乳に変え、それを、さらに湯煎焼きにする事で、ふんわりとしたしっとり生地のチーズケーキに仕上がります。通常のスフレとは作り方が異なり、放置していても、しぼむ事はありません。スフレと同様に食感はふっくらとしたものに仕上がります。
このチーズケーキは、日本が発祥とされており、海外では「japanese cheesecake」と言われています。

レアチーズケーキ

クリームチーズと生クリームを混ぜ合わせて冷やして固めたものがレアチーズケーキです。
一般家庭でも作れるので、さまざまなアレンジがあります。ゼラチンを寒天に変えたり、バニラ、チョコレート、ヨーグルトなどの風味付けからイチゴやブルーベリーをトッピングとして利用することが多いです。

チーズケーキの歴史

チーズケーキの起源は、第一回の古代オリンピックまで遡ります。
この古代オリンピックの期間中に選手に振る舞われたそうです。
現代のチーズケーキと見た目も、味も違っていたようです。少しタイムスリップして、どんなもんなのか味わって見たいものですね。
現代のようなベイクドチーズケーキは、ポーランドのポドハレ地方に起源があると言われています。チーズケーキは、まずチーズが必要です。生乳を発酵させてチーズをつくります。私もそうなのですが、この発酵させたチーズの臭いが苦手だと思います。これが、チーズは苦手でも、手を加えてケーキにすれば、苦手な臭いもなくなり、美味しく食べれるのだと思います。この生乳を発酵させたフレッシュチーズを使い、パイ生地を下に敷いたチーズケーキセルニックを作ります。
ベイクドチーズケーキの起源はこのケーキが、中世前期ポーランドのポドハレ地方で作られていた事に始まります。 現在も日常のお菓子として、親しまれているようです。
日本では歴史が浅く、なかなか受け入れられなかったと言えます。 それは、やはりチーズに有るのだと思います。チーズになかなか馴染めなかったのではと思います。今ではどちらも当たり前のように、お店に並んでいます。1922年にショートケーキが日本人向けに改良されて、発売されました。
それから、30年がたって、やっとチーズケーキの登場です。随分と時間がたっています。今では種類や焼き方もさまざまで、お店によって味のバリエーションも増え、消費者の舌を楽しませています。

↑ PAGE TOP